トイレットペーパー芯リサイクルアート山田ゆかオフィシャルサイト

トイレットペーパー芯リサイクルアート山田ゆか

トイレットペーパーの芯をリサイクルしたSDGsペーパーアート創作

詳しくはこちら

いつか なくなる その ときまで

トイレットペーパーの芯をリサイクルした、リサイクルペーパーアート創作を行う。

主に場所や空間全体を作品として体験させるインスタレーションアートとして、展示する空間や場所を構成し、創作や展示を行うため、その時々で作品や形態が異なる。

創作方法に制約を設け、トイレットペーパーの芯だと認識できる創作を行う。

トイレットペーパーの芯は使用後はリサイクルか破棄される。誰もが知っている身近なものだからこそ、感動や価値を与えられ、意識を共有することが可能ではないかと考える。

その感動を共感し、そこから得たさらなる意識を共有することを目的としている。

私の創作には終わりがあり、いつかなくなるという制限がある。
それはトイレットペーパーがなくなるか、トイレットペーパーの芯がなくなったときだ。

トイレットペーパーの芯でアートを創り出すパイオニアとして、コンセプトを元に日々作品を創り続けている。

トイレットペーパー芯リサイクルアート